春のお彼岸法会(2017年3月20日)

170222haruhigan来たる3月20日は、2017年度の「春彼岸中日」です。

お彼岸は、「春」と「秋」の年2回が広く知られていますが、そもそもお彼岸には何をすれば良いのでしょうか。

また、一般の日とどのような違いがあるのでしょうか。

ご先祖様に想いを馳せ、お墓参りやお仏壇の清掃などを致しましょう

彼岸とはつまり、「あの世」のことで、亡くなられた大切な方がおられる世界の事です。

「あの世」と「この世」、つまり、「彼岸と現世の縁が強くなる日」がお彼岸と呼ばれております。

真言宗でも、「お彼岸」には特にしっかりとお勤めを行い、皆さまの安寧を仏様にお祈りいたしております。 これは、当寺に御祀りしている亡き方々に対してだけでなく、現世を生きる皆さまの安寧をもお祈りしているのです。

日頃お忙しい方も、この日ばかりは是非、亡き方々に対して思いを馳せ、お墓参りなどを行ってください。

春季彼岸会法要のご案内

春季彼岸会法要のご案内

平成 29 年 3 月 20 日(月) 春分の日

第 1 座 午前 10 時 30 分
第 2 座 午後 14 時 00 分
締切り 3月 19 日
供養料 塔婆 1 体につき 2,000 円、お納めください。

お問合せ 豊中不動尊 Tel 06-6854-1692

170222haruhigan クリックで拡大表示されます。