供養・回向

豊中不動尊は島熊山の自然のもと、閑静な住宅街にとけこんだ落ち着いた雰囲気のお寺です。

当山では様々な回向供養について広く承っております。

個別でのご供養に加え、彼岸(春・秋)や、お盆の合同の供養、毎月24日の地蔵尊供水子精霊供養など様々ですが、供養において大切なことはできるだけ『継続する』ことです。

※当寺院では三宝殿にて各種の回向・供養を厳修しております。

回向・供養について、ご質問、ご不明点はご相談下さい。

<ご供養・回向>

ご供養

通常供養月忌供養水子供養人形供養

四十九日一周忌三回忌・それ以降の年回忌

※ご供養・回向の申し込みは電話等事前にご連絡お願い致します。

豊中不動尊のご供養
通常供養・月忌供養 志納金  五千円(塔婆あり)
水子供養 志納金  五千円(塔婆あり)
毎月24日の水子合同供養 志納金  ニ千円(塔婆あり)

24日の法要に子供の好きなお菓子等を持ち寄り、
ご参詣され、供養をされています。

法事(七回忌以降) 志納金  三萬円(塔婆あり)
法事(四十九日~三回忌) 志納金  五萬円(塔婆あり)
人形供養 事前にご連絡ください。

※法事志納金は、お寺・ご自宅ともに同額といたします。(上記参照)

※当寺院ではお座敷、控え室を用意しておりますので、法事の際は、ぜひご利用ください。

<ご供養について>

供養とは「敬いの心をもって、ねんごろにもてなす」という意味で、神仏やご先祖の霊に供物を捧げることを意味します。

法事などで参列した親族や、僧侶に御斎を出すことや無縁仏に施しをすることも供養となります。

また、愛着のあった人形や、食材を切るために使った包丁なども供養されております。

法供養:僧侶の読経や家庭で仏前にお経を上げること。

物供養 仏教では、仏・法・僧の三宝と亡き人のために、
お香やお花、果物やお茶湯など供えて敬いの気持ちを形に表します。

<回向(えこう)について>

亡き人の冥福を祈ることを追善回向といます。「回向」とは「回(めぐ)らし向(むか)わす」と読みますが、何をめぐらし、向かわせるのでしょう。

追善供養においては、仏前にお供えをし、僧侶の読経供養によって、その功徳を霊位の方へめぐらし向かわせることです。

「回向は自分の為になる」なぜなら亡き人の菩提を弔い、回向することは遠い祖先から自分に繋がる生命の永遠性や縁の不思議さを深く考えるきっかけとなり、さらには、あなた自身が「いかに生きるべきか」、「心の平安」に気づかされるでしょう。

<塔婆(とうば)について>

tobakuyou

お塔婆は仏様の身体そのものであり、それを建立する功徳が種々に説かれています。

一、 塔婆はそのまま仏様の御姿であり、一基建立することは、亡き方に五重塔を建てることと同じであり、仏教において一番尊いこととされる。

二、 塔婆を見ることは、人と仏様とは五輪(頂・面・胸・腹・膝の五処)のすがたとして、根本において同じであることを教え、仏心の目覚めを促すはたらきをもっている。

三、 塔婆供養は、回向するところの霊位を安楽の境界に導き、仏果を増す。ということが、お経に説かれております。

※回忌のお塔婆は、皆さまのお墓の後ろに建てます。通常の回向・供養の塔婆は、お寺に奉納いたします。

※お塔婆は、佛壇と同様に開眼(お性根)したものを奉納します。開眼していない塔婆はただの板です。