永代供養

01

豊中不動尊では、永代供養も、随時承っております。

そもそも「永代供養」とは、なんでしょうか。端的に言ってしまえば、お寺が永代にわたってご供養・おまもりする事です。

当山の永代供養の考え

昨今の核家族化の急速な広がりや社会構造の変動、経済的な問題などにより、「個人のお墓」を持つことよりも、永代供養合祀墓共同墓を検討される方が増えております。

また、「お墓」のあり方、価値観も変わっております。
先祖代々のお墓が故郷にあり、子・孫の世代が遠方に住居を構え、お墓を守ろうにも守りきれないケースも多く見られます。
ご先祖様を安心して供養できるお墓が求められています。

当山では「お墓」の価値観が変わっても、「ご供養を絶やさない」ことこそが、「変わってはいけない大切なこと」であると考えております。

当山合祀墓「遍照殿」に関して

合祀墓とは、合同で祀られるお墓のことで、家族・親族間ではなく血縁のない方も含めた『みんなのお墓』のことをさします。
別名、「合同墓」や「共同墓」という名称で呼ばれることもあります。
一般的な納骨は、故人一人を一つの骨壷に収め納骨しますが、当山では骨壷から故人をお出しし、納骨袋に移して土の上に納めます。
土に還すことは自然の道理にさからうことなく大地にお返しするという意味です。一度、合祀をすると特定の人のお骨だけを取り出すことは出来ません。

当山「遍照殿」では、合祀ではあるけれども、子どもたちが遠方で別の場所に移す場合も想定し、骨壺のままでの納骨(骨預かり)も可能です。

永代供養に関する注意点

ご家族ご親戚と相談の上、実際に各施設におもむき、永代供養料の費用とご予算設備、納骨後の維持・管理費の有無などを比較検討し、ご自身で安心できるところをお選びください。

生前からの準備が大切です。使用規則や契約書がない施設は、後々トラブルの元となることがあります。
※パンフレット、ホームページだけでは、分からないことがたくさんあります。
※当山に寄せられるよくあるご質問はこちらから