きゅうり加持

病気の源である因縁をきゅうりに封じ、そのきゅうりを流すことにより病気全快を願い、
年に一度、夏の土用の丑の日に祈祷するのがならいであります。
毎年7月1日からは境内に「きゅうりん」(大きなきゅうりの模型)も設置しておりますので、ぜひ回しにご来山くださいませ。

きゅうり加持説明動画

今年(令和3年)の実施概要

●日時
8月1日(日) 午前10時・午前11時 の2座

●場所
三宝殿(当山の境内にございます)

●持ち物
きゅうり加持の用紙・きゅうり
※きゅうりは、当日に境内でもお求めいただけます。

●ご祈祷料
1,000円

申し込みについて

<当日参加可能な方>

  1. きゅうり加持の用紙(人型がプリントされた小さな紙)を寺務所にてお求めください。
    遠方の方など、ご来山が難しい場合はメールもしくは電話にてお問い合わせください。
  2. きゅうり加持の用紙の人型にご自身の病気や不調の箇所を黒く塗り、必要事項をご記入くださいませ。
  3. 当日、用紙ときゅうりを持ってご来山くださいませ。

<当日不参加の方>

  1. きゅうり加持の用紙(人型がプリントされた小さな紙)を寺務所にてお求めください。
    遠方の方など、ご来山が難しい場合はメールもしくは電話にてお問い合わせください。
  2. きゅうり加持の用紙の人型にご自身の病気や不調の箇所を黒く塗り、必要事項をご記入の上、寺務所にてお申し込みください。
  3. 当日はお申し込み内容に基づいてご祈祷をさせていただきます。
    ご祈祷の状況はLive配信しておりますので、ご自宅からでも手を合わせていただけます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする