法話

種の中は宇宙でいっぱい

【大賀ハス】ご存知でしょうか?
ハスの権威者である大賀博士が遺跡で発掘された2000年以上前の古代ハスの実の発芽に成功されたので『大賀ハス』と呼ばれております。
当山でも育てており、今年も綺麗なハスの花を咲かせて見せてくれました。
2000年前に咲いていた蓮が、目の前で咲いているのを見ているだけで心が豊かになっていきます。
仏教で縁起のことを「因縁所生」(いんねんしょしょう)とも言います。
この世界は、すべて因縁で成りたっています。
因は、直接の原因。
縁は、間接の副因。
ハスの花は、ハスの種が因であり、
種を発芽し成長させる「大賀博士のご尽力、太陽の光、水、土、空気」などは縁になります。
2000年も前の種から綺麗な花を咲かせるに至るまでには、
さまざま条件に、よっていることがわかります。
ハスの種といえども、そこには無限の因縁が複雑にからみあっていて、
このハスの花には「すべてのものが関係している」ことが分かります。
この関係しているという点で、ハスの種は実は「宇宙の縮図」であり、その中に宇宙のすべてが含まれるとも言えます。
「ただのハスの種」だと思ってみると、そうでしかないのですが、その奥に隠された見えないものをちゃんと見れば、そのすばらしさを感じることができるのだと思います。
「見えないものを見ようとする目をもてるかどうか」
これがもてれば、ハスの種の中に「宇宙」を見ることができる。
私たちの実際の生活は、すべて『他力』(まわりのおかげ)からなっています。
「見えないものを見ようとした」とき、
わたしが「生かされている」のは、すべての他人や大いなる自然の恵みのおかげであり、
「ありがたい」という気持ちが芽生えてきます。
1人では何も出来ない。出来ているのは周りのおかげ。
周りからたくさんの栄養をいただくことができれば、きっと綺麗な花を咲かせることにつながるのでしょう。

大地の響き

大地を真言宗では、大日如来ととらえます。

大地の【息吹・振動・波動】を観じ、大地の上に立つ我々生きとし生けるものすべてが、各々の振動は発信していくことができたなら、こんな素晴らしいことはないでしょう。

私たち人間以外の生きとし生けるものは皆、命の限り精一杯そのものを「生かしきる」ことに邁進しています。お寺で子育てのために毎年帰ってくる「ツバメ」も1時間に約40回も給餌をしています。それでも、天敵であるカラスやムカデ、イタチなどに捕食されることも少なくありません。その天敵であるカラスたちもまた、自分のDNAを繋ぐために命を生かしきっています。

例えば、小さな子供が夢中で目の前のことに取り組んでいる姿を見ると、心が動きます。

感動して心が震えることがあるでしょう。

「たのしい・うれしい」と言う気持ちで自分自身の魂を奮わせることができれば、その振動、波動は間違いなく隣にいる人の魂までも奮わせることでしょう。

大地の波動と共鳴し自分の心を震わせることにより、周りにいる人たちの心も震わせ共鳴させることができるのです。感動を与えることができるのです。

「生かしきる」とは

魂をふるわせ振動させて、自分の存在する役目に「住しきる」ことではないでしょうか。

言霊

人は皆、光明真言のように光明を放つことができる。

魂のこもった前向きな言葉は、太陽のよう。護摩の火のように暖かい。

周りにいる人たちの心を暖かく照らしてくれる。

その言葉に引き寄せられ、周りにいた人たちは自然に集まってくる。

これが言霊の力。

言葉には、力があるのを改めて実感した。

「前向きな一言」が、場の雰囲気を一気に変え、みんなの心が一つになる。

これが言霊なんだと思う。

前向きな、そして心が揺れる言葉を発信していきたい。

だからと言って、後ろ向きな言葉ばダメなわけではない。

『否定的、後ろ向きな言葉』ももちろん大事。今一度自分の心と向き合うきっかけとなる。

例えば、会議でたくさんのメンバーと話をしている時も同じ。団体として目指しているところは、同じでも歩幅も違えばスピードも違う。そんな中、誰か一人が、「後ろ向きな言葉」を勇気を持って発信することにより、そこにいるメンバー全員が立ち止まり再興する。次に動き出すときには、前よりももっと確かな「一つの塊」となって進み出す。

「否定的・後ろ向きな言葉」が悪いわけでもなく、それを「どう生かすか」ということが大事。

「生かし、生かしきる」この精神が仏道であり、仏の教えなのだろう。

きゅうり封じ

「きゅうり封じ」は、真言宗開祖である弘法大師空海上人伝承のご祈祷です。

四国や淡路島の地域では、盛んに行われていると聞きます。

豊中市には、そもそも真言宗寺院が多くありません。この地域にお暮らしの方々には、耳慣れない言葉かと思います。

この秘法は古来より民間大衆の中で病人のお加持として、霊験現たかにして津々浦々で行われてきました。病魔(疫病)の源である因縁をキュウリに封じ、病気全快を願う法で年に一度「夏の土用の丑の日」に祈祷するのがならいであります。皆様方の熱心なお祈りとお大師様の功徳力を以って、健康な日々をお過ごしいただけるものと信じております。

お堂の前には、巨大きゅうりを設置(期間限定)し、皆様のお参りをお待ちしております。

きゅうりを使用するのは、フォルムが人間の形に似ていること。人間と同じように、水分を多く含んでいることから、数ある夏野菜の中からきゅうりが選ばれたのでしょう。

また、胡瓜の断面が仏教のシンボルである「法輪」の形に似ていることも理由の一つに挙げられます。なので、当山の巨大きゅうり、名付けて『きゅうりん』は、回るようになっています。

「きゅうりん」を法輪とみなし、自分のため、人のために回しながら、祈願してください。