住職:谷 真光

昭和53年、西宮市上ヶ原 神光寺の長男として生まれる。
両親や祖父も僧侶の資格を有し、行者の祖母のところには、日々たくさんの相談者が見えていたことを記憶している。
高野山大学、醍醐寺の伝法学院にて修行し、2年ほど一般職につく。2005年の12月よりご縁をいただき豊中不動尊の第四世住職として住している。高校生の時に阪神淡路大震災によって被災し祖父を亡くす。また自身も瓦礫の下敷きになり「生・死」を考える機縁となる。
お寺とはなんなのか?僧侶とはなんなのか?神や仏とはなんなのか・・・?

自問自答を繰り返しながら、人様のお役に立てられるよう日々精進


「 法話 」一覧

NO IMAGE

How To  OH!みくじ

当山の御籤は、元三御籤ともいい、おみくじ発祥である天台宗の元三大師考案のおみくじです。元三御籤の吉凶の割合は3割が凶、その多さに驚か...

NO IMAGE

願い事

「願い事」の成就の有無は、願いに対して、継続して精進できるかどうかにかかっているのではないでしょうか? 望みを叶えるには、達成...

NO IMAGE

お寺とは、、、

お寺の維持管理をする者として、なぜ維持管理をする必要があるのか?お寺の存在ってなんなのか? お寺は、在家の方々が、「道」に迷われた時の...

七五三について

七五三について

豊中不動尊では、七五三のご祈祷も承っております。 特にシーズンの11月ごろには毎年たくさんの子どもたちにお参りいただいております。 (※...

1 2 3 4