住職:谷 真光

昭和53年、西宮市上ヶ原 神光寺の長男として生まれる。
両親や祖父も僧侶の資格を有し、行者の祖母のところには、日々たくさんの相談者が見えていたことを記憶している。
高野山大学、醍醐寺の伝法学院にて修行し、2年ほど一般職につく。2005年の12月よりご縁をいただき豊中不動尊の第四世住職として住している。高校生の時に阪神淡路大震災によって被災し祖父を亡くす。また自身も瓦礫の下敷きになり「生・死」を考える機縁となる。
お寺とはなんなのか?僧侶とはなんなのか?神や仏とはなんなのか・・・?

自問自答を繰り返しながら、人様のお役に立てられるよう日々精進


「 法話 」一覧

NO IMAGE

お護摩って⁉️

毎朝焚いております〈護摩の功徳〉についてふれてみたいと思います 当山では息災法の護摩を修法しています。息災法とは、字の如く「災...

NO IMAGE

きゅうり封じ

「きゅうり封じ」は、真言宗開祖である弘法大師空海上人伝承のご祈祷です。 四国や淡路島の地域では、盛んに行われていると聞きます。 ...

NO IMAGE

大地の響き

大地を真言宗では、大日如来ととらえます。 大地の【息吹・振動・波動】を観じ、大地の上に立つ我々生きとし生けるものすべてが、各々の振動は...

NO IMAGE

「考える」

今私ができること、それはこの世界で【如何に生きるか】ということに真剣に向き合いそして【今をより良く生きる】ということを念頭に置き日々自問自答...

1 2 3 4