一般のお墓と永代墓の違い

合祀墓とは、合同で祀られるお墓のことで、家族・親族間ではなく血縁のない方も含めた『みんなのお墓』のことをさします。

別名、合同墓や共同墓という名称で呼ばれることもあります。

一般的な納骨は、故人一人を一つの骨壷に収め納骨しますが、当山では骨壷から故人をお出しし、納骨袋に移して土の上に納めます。
土に還すことは自然の道理にさからうことなく大地にお返しするという意味です。

一度、合祀をすると特定の人のお骨だけを取り出すことは出来ません

また、遍照殿では合祀ではあるけれども、子どもたちが遠方で別の場所に移す場合も想定し、骨壺のままでの納骨(個別安置)も可能です。


遍照殿断面図

遍照殿断面図