開創60周年記念事業のご案内

開創60周年記念事業

みなさん、こんにちは。

2021年も終わりが近づき、ようやくコロナも落ち着きをみせ始め、日常を取り戻しつつあります。当山でも師走となり、さすがにせわしなくなってまいりました。

どうしてもコロナウィルスの動向に気が向いてしまいますが、急な気温の変化や、年内のお疲れが出てしまう季節です。みなさま、体調にはくれぐれもご自愛をくださいませ。

さて、檀信徒のみなさまにはすでにご連絡、ご郵送にてお知らせ差し上げておりますが、当山は、来年(令和4年)に開創60周年を迎えます。

それに伴い、当山では全職員をあげて記念事業を執り行うことといたしました。

これまでの年月に感謝をささげ、先人たちの努力に思いをはせるべく、準備に1年を費やし、しっかりと執り行いたいと思います。

そこで、当山ではこれまで秘仏として参りましたご本尊を、期間中、特別に御開帳することといたしました。

大変貴重な胎内秘仏でございます。

この機会を逃しますと、次回は60年後となりますので、これまでご縁のあった皆様には、ぜひご来山頂き、そのご尊顔を拝していただければと思います。

胎内秘仏 成田下総守「守り本尊」不動三尊像

御浄財寄進のお願い

60年。

人生100年時代となった現代でも、大変に長い年月です。
檀信徒のみなさまの御陰様を持ちまして、当山も人間でいえば還暦を迎えることができました。

しかし、御仏の世界は悠久です。その教えである仏教は数千年の永きにわたり連綿と受け継がれてまいりました。
そこから見れば60年など瞬く間の短い時間ですが、衆生に生きる我々の世界では還暦を経て、その設備にもたくさんの傷みが見受けられるようになりました。

つきましては、この60年の節目を迎えるにあたり、ご浄財の寄進を賜りたくお願い申し上げる次第でございます。

現代に生きる我々は、この大切な教えとその施設を、次代に受け継ぐ使命を帯び日々皆様の安寧を願い、お勤めに励んでおります。

皆様からのご賛同をいただいたご寄進を、施設の改修へと昇華させていただきたく思いますので、ご理解、ご検討をお願いを申し上げます。

【訂正】新年挨拶の郵送物について

心せわしい年の暮れ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、当山は1年間でお参りに来られた方々に向けて12月1日に新年に向けたご挨拶を郵送させていただいております。
同封しております、内容物の一部に誤りがございましたので、以下の通り訂正をさせていただきます。

【誤りのあった書類】
振込取扱票

【誤りの内容】
こちらは振替口座専用の取扱票となっておりますが、
印刷しております口座番号は普通口座の番号となっている点が誤りでございます。
したがって、振込取扱票はご利用いただけませんので破棄いただきますようお願い申し上げます。

【補足】
振込取扱票に記載しております口座番号、並びに
「開創60周年記念事業 御浄財寄進のお願い」に記載しております振込先の口座情報は
正しい番号となっております。
ATMや窓口にて「普通口座宛」でお振り込みが可能です。

ご迷惑おかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする