星祭結願法会

星祭り結願法会|豊中不動尊

みなさん、こんにちは。

本年も、はや2月となりました。
一層寒さも厳しくなっておりますので、体調にはくれぐれもご注意くださいませ。

さて当寺は、立春(2月3日)当日より、七日七座のお勤めを致しまして、来る2月10日午前十時より、「星祭り結願法会」を1座のみ厳修いたします。


「星祭り」とは、「星供(ほしく)」、「星供養」または、「北斗七星法(ほくとしちしょうほう)」などとも呼ばれるお祭りで、災いを除くため、あなたが生まれた年によって決まる「星」、「本命星(ほんみょうじょう)」を祭る催事です。

真言宗の教えでは、特に北斗七星の七つ星を「本命星」としていることから、「七曜星」とも呼ばれ、この星はあなたの守護星となり、一生変わることはありません。

さらに、星には毎年巡って来る、「当年星(とうねんしょう)」と呼ばれるものがあります。

「当年星」は、その一年の運勢・吉凶を、九曜という九つの星から判断します。
九年に一度巡ってくる当年星は、干支の「当たり年」のように、運気の高い「当たり星」がある一方、特定の数え年に対しては、大きな災いに注意が必要とされる年もあり、その災いを避けるためにも、「星祭り」は行われます。

これらの星以外にも、真言密教では、本命宮や、本命宿といった生まれた月や、生まれた日によって決まる「星」も勘案し、より詳細な検討を行ったうえでお祭りを行っており、これを総じて「当年星供(とうねんしょうく)」と称しています。

星を供養することを七日と定め、満願(最終)日を結願と呼ぶことから、「星祭り結願法会(けちがんほうえ)」と称し、毎年しっかりとお勤めを致します。

法会終了後、皆さまの健康と安寧を願い、堂内にてこちらも恒例の「豆まき」を11時より開始いたします。
どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りくださいませ。

豊中不動寺
住職