令和6年 きゅうり封じ

梅雨明けが待ち遠しいこの頃、みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか。

今年も夏の恒例となりました「きゅうり封じ」を厳修いたします。

中国から伝わった厄除けの秘法であり、きゅうりに病魔を封じ込めて人々の苦しみと病を取り除くきゅうり封じで疫病退散、病気平癒、夏バテ防止をお祈りいたしましょう。

きゅうり封じ 次第

□日時
令和6年8月5日(月)【 土用の二の丑の日】午前9時30分・午前11時(2座)
※今年度は、一の丑の日が7/24で、水子供養の日と重なっているので、
二の丑の日8/5に開催いたします。

□場所
豊中不動尊 三宝殿

□お申し込み方法
【事前お申し込み】となります。当日欠席でも構いません。
人型がプリントされた申込書に、病気の箇所を黒く塗り、必要事項をご記入いただき前日までに受付を済ませてください。
※申込書が必要な方は、寺務所までお申し付けください。
※ご来山が難しい方は、郵送いただいても受付可能です。

□ご祈祷料
1,000円(きゅうり代含む)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする